弁護士費用の相場は?

残業代未払いの請求で弁護士を立てる場合、相場は20~40万円ほどかかります。費用は弁護士事務所によって異なるため、依頼前にしっかりと確認しましょう。

京都で残業代の未払いが発覚したら…まずは疑問を解消!

弁護士費用は初回で請求されますか?

残業代請求は、個人によってどれくらいの請求になるのかが異なるため、まずは無料相談で詳しく話を伺いますので安心してください。

個人で請求しても問題ありませんか?

対会社との交渉になると、個人で請求するよりも弁護士を立てたほうが、請求に応じてくれる可能性は高いです。

残業代請求の手順がわからなくても大丈夫ですか?

弁護士に相談をすれば、残業代請求をするまでの詳しい手順を説明してくれます。ご自身が必要な対応も教えてくれますので、今後の方向性が明確になるでしょう。

残業代請求の計算は難しいですか?

残業代請求の計算は個人でもできますが、遅延金・割増金などもあって非常に計算が面倒です。弁護士に相談をすれば、残業代請求の計算も行ってくれますよ。

会社が和解に応じないこともありますか?

残念ながら、弁護士を立てても和解に応じてくれない会社もあります。しかし、弁護士事務所に相談をすれば裁判になっても戦えるというメリットがあります。

無料で相談を受けられる所がある

男性弁護士

仕事をすることで労働者は収入を得ることができますが、基本的に働いた時間によって収入に違いがあります。残業は悪いイメージもありますが、残業をすることでその分だけ収入を得られるのがメリットです。しかし残業をしているのに残業代が未払いになる問題があるので、そのようなときは弁護士に相談すると安心できます。京都には無料で相談に乗ってくれる弁護士が存在しますし、残業代の未払いについても任せることが可能です。個人的に悩んでいても問題を解決するのは難しいので、京都の残業代請求に注力している弁護士に早めに仕事を依頼したほうが気持ちよく働けます。京都府弁護士会でも相談窓口は設置されていますから、そこを利用するとスムーズに京都の弁護士と繋がることができます。

完全成功報酬型の所もある

弁護士バッジ

京都で残業代請求を弁護士に依頼するときに気になるのが、費用負担になります。余りにも大きな費用負担になってしまうと心配ですが、京都の弁護士の中には完全成功報酬型で仕事を引き受けている所もあるので安心です。完全成功報酬型であれば初期費用が必要なくなる可能性が高いので、手元に余裕のあるお金がないときにも利用できます。着手金を最初に負担したほうがトータルでは得になる可能性もあるので、基本的には依頼者が最終的に依頼する弁護士を選ぶのが大切です。

実績が豊富で安心できる

相談

京都では賃金や残業代請求で弁護士が活躍するケースが多めなので、実績が豊富な弁護士が多いのも人気の高さに繋がっています。どのように行動すればスムーズに問題が解決されるのかを理解していますから、依頼者の負担も少なくて済みます。信頼できる京都の弁護士を頼ることで、どのぐらいの残業代を請求できるのかも計算して貰えるので、しっかりと不当な扱いを受けた分の残業代を得ることができます。一度弁護士を利用すれば、会社側もその後は普通に残業代を出す筈ですか安心です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中